ウイダーinバープロテイン(ベイクドチョコ)【感想・価格・糖質・カロリー】

どうも~♪
おかしさん(@okashi3_com)です。

美味しいと評判のプロテインバーを買ってみましたよ。

<スポンサーリンク>

本日のおやつは「ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ

ウイダー(weider)から出ているプロテインバーのベイドチョコ味です。

ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ
お値段はドラッグストアで98円でした。

定価だと150円(税別)だそうですよ。

エネルギーは、1本(34g)当たり164kcalです。

ちなみに、ウエハースタイプのバニラ味は193kcalなのでそれと比べるとカロリーは低めですね。

 

ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ たんぱく質
1本当たりで摂取できるたんぱく質は10gです。

炭水化物量が12.2gです。

糖質量は記載されていないので正確には分かりません。

でも、「糖質=炭水化物-食物繊維」なので、ほぼ炭水化物量が糖質量だと考えておいて良いですね。

1本当たりの糖質量が10gを超えているので、ハードな糖質制限をしている人だともしかしたらちょっとキビシイのかな。

 

ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ 糖質 たんぱく質
ソイジョイ(soyjoy)だとフレーバーによっては、糖質量がこの半分位のものもあります。

ただ、ソイジョイの場合はたんぱく質量が4~5g程度なんですよね。

ウイダーinバーだと、たんぱく質はどのフレーバーでも必ず10gは入ってます。

なので、たんぱく質を重視するならウイダーのプロテインバーで、低糖質を重視するならソイジョイを選ぶという風にすると良いかもしれません。

 

ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ たんぱく質 糖質 脂質
全体的な見た目はこんな感じですよ。

意外とスリムでスッキリとしたボディですね。

 

ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ
断面はこんな感じになってますよ。

ベイクドチョコレートなので、チョコケーキっぽい感じかな。

では、いただいてみま~す!

 

ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ 口コミ 感想 レビュー
(゚д゚)ウマー

しっとりとねっとりもっちりとした柔らかな食感です。

ビターテイストで甘さはかなり控えめな大人風味!

ちょっぴほろ苦の焼きチョコって感じで、女性よりも男性が好みそうな味です。

 

ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ 口コミ 感想 レビュー
サクサクとした大豆パフとカリカリのアーモンドダイスが良いアクセントになってますよ。

パフとナッツとチョコの組み合わせってバッチリですよね。

周りのチョココーティングがビターテイストなので、全体的にはやや大人風味かも。

チョコ風味というよりもココア風味に近いので、重たくならないのが気に入っちゃいました。

他のメーカーの栄養補助食品と比べるとお菓子感は少なめだけれど、そこそこ食べやすくて良かったです。

プロテインバーの割にはプロテイン臭もほとんどなくて、普通においしくいただけましたよ。

ただ、かなりの甘党の人だと、同シリーズのウェハースタイプの方がオススメかな。

どちらのフレーバーでもたんぱく質が10g摂れるので便利ですよね。

ウイダーインプロテインは、筋トレとかには興味がなくても、肉・魚が苦手でたんぱく質不足にな人のおやつに良さそうです♪

(関連記事:ウイダーインバープロテイングラノーラのレビュー)
(関連記事:ウイダーインバープロテインウェファーバニラのレビュー)
(関連記事:ウイダーインバープロテインウェファーナッツのレビュー)

 

<スポンサーリンク>

【原材料・栄養成分・アレルゲン一覧】

<原材料>
乳たんぱく、植物油脂、ココアパウダー、大豆たんぱく、砂糖、ショートニング、大豆パフ、マーガリン、脱脂大豆粉、麦芽糖、全粉乳、アーモンド、脱脂粉乳、カカオマス、アーモンドペースト、果糖、ソルビトール、トレハロース、グリセリン、乳化剤、香料、膨脹剤、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12

<栄養成分>(1本34g当たり)
エネルギー:164kcal、たんぱく質:10.0g、脂質:8.4g、炭水化物:12.2g、ナトリウム:61mg、ビタミンB1:0.39~0.81mg、ビタミンB2:0.52mg、ビタミンB6:0.51~0.96mg、ビタミンB12:0.7~2.3μg、ナイアシン:5.7mg、葉酸:50~250μg、パントテン酸:2.4mg

<アレルギー>
小麦・乳・大豆

ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ 原材料 栄養成分 カロリー アレルギー たんぱく質 糖質 脂質 値段
このプロテインバーには、乳たんぱく大豆たんぱくが入ってますよ。

ちなみに、乳たんぱく(ミルクプロテイン)というのは、乳(にゅう)に由来するたんぱく質の総称のことだそうです。

カゼインとホエイプロテインから構成されるたんぱく質を指すそうです。

カゼインプロテインは生乳を構成するたんぱく質の8割を占めていて、不溶性で固まりやすく、カラダへの吸収速度が穏やかでゆっくりなのが特徴となっています。

一方、ホエイプロテインは、アミノ酸を豊富に含み、水溶性でカラダへの吸収が早く、胃腸に優しいのが特徴だそうですよ。

大豆プロテインは、大豆のタンパク質部分を粉末にしたもので、カゼインプロテインと同様にカラダへの吸収速度が穏やかでゆっくりなので、満腹感を得やすいのが持続しやすいのが特徴となっています。

大豆プロテインはイソフラボンを含むので、骨粗鬆症予防や血流改善に効果が期待出来ますよ。

ただ、他のプロテインと比べると粉っぽさがあるのがデメリットだそうです。

 

ウイダーinバープロテイン ベイクドチョコ たんぱく質 糖質

プロテインというのは、1種類じゃないんですね!

それぞれのメリット・デメリットがあるようなので、確かに単体で使うよりもミックスした方が確かに良さそうです♪

実際にこのプロテインバーも、色々な種類のプロテインが混ざっているのでイイ感じに仕上がってますよ。

粉っぽさも気にならないし、薬っぽさもないし、プロテイン臭もほとんどなくて食べやすいです!

甘さが控えめだし、食事代わりにするとダイエットにもかなり活用出来そうな感じがしますね。

 

ではでは、ごきげんよう(*^_^*)
また、明晩お目にかかります。

<スポンサーリンク>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2018

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


管理人プロフィール



おかしさん(@okashi3_com)です。
160cm45kg(♀)
おやつやお菓子が大好き♥
ほぼ毎晩、自分が食べたおやつのレビューをしています。
ブログランキングにも参加中♪

お菓子選びに役立つリンク集

スマートショッピング
⇒お菓子の価格比較に超便利♪

Amazon
⇒コッソリお菓子を大人買い!

楽天
⇒話題のスイーツがいっぱい♥

ヨドバシドットコム
⇒単品でも送料無料!

LOHACO
⇒アウトレットセールがお得★

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る