ヤクルトエース(YakultAce)のカロリーと便秘への効果をチェック!

どうも~♪
おかしさん(@okashi3_com)です。

乳酸菌飲料といえば真っ先に思い浮かぶのがヤクルトだったりします。

<スポンサーリンク>

本日のおやつは「ヤクルトエース(Yakult Ace)

ヤクルトは言わずと知れた特定保健用食品!しかも、ヤクルトAceは「大人のヤクルト」がコンセプトなだけあって、甘さは控えめで後味がスッキリしていて本当に飲みやすくて美味しいですよ♪

ヤクルトエース(YakultAce)
エネルギーは、1本(80ml)あたり33kcalです。ヤクルトの中でも1番カロリーが高い「ヤクルト400」が1本(80ml)あたり62kcalなので、約半分の熱量♪

ちなみに、ヤクルトシリーズで1番低カロリーなのは、「Newヤクルトカロリーハーフ」で1本(65ml)あたり25kcalです。

 

ヤクルトエース(YakultAce)
で、このヤクルトエースの便秘解消効果についてですが、結論から言うと「効く」と思います。というか、私には効きました(*^_^*)

日頃、お腹の調子は非常によく、我ながら「素晴らしい腸内フローラを持ってるな~」と自画自賛していたわけですが、なぜだか気がついたら5日ほどお通じがなく、深い不快を解消すべく、ヤクルトにすがったわけです。

乳酸菌シロタ株が300億個」とパッケージに書いてあるので、それを読んだことによるプラシーボ効果なのかもしれないけれど、飲んでからわずか2時間で即解消♪ 腸が超スッキリしてめっちゃ爽快!スキップしたい気分になりました(笑)

腸内の善玉菌は加齢と共に減少し、放っておくと悪玉菌が増えて病気を引き起こす可能性もあるそうなので、「やっぱオトナになったら定期的に乳酸菌は注入していかないといけませんよね~」と感じた出来事でした。

(関連記事:ヤクルトジョアのレビュー)

 

<スポンサーリンク>

【原材料一覧】

<原材料>
ガラクトオリゴ糖液糖、脱脂粉乳、ぶどう糖果糖液糖、還元水あめ、安定剤(大豆多糖類)、香料、ビタミンC、甘味料(スクラロース)、ピロリン酸鉄、ビタミンD

ガラクトオリゴ糖は、善玉菌であるビフィズス菌の餌になる物質なんだそうですよ。ビフィズス菌を増えると腸内環境が整い、便秘や下痢知らずの快腸になるのだとか。
ガラクトオリゴ糖は、キャベツ・玉葱・馬鈴薯・牛蒡・ゴボウ・バナナ等の食品からも摂取することが出来るんですって!

ヤクルトエース(YakultAce)

基本的には、食事を気をつけて腸内環境を良い方向に保った方が良いのだろうけれど、ついつい不規則な食事や偏食になりがちなので、たまに、ヤクルトとかで乳酸菌を摂るのも手軽で簡単で便利ですよね!

(関連記事:乳酸菌ショコラで便秘が解消した話)

 

【栄養成分一覧】

<栄養成分>
たんぱく質:1.0g・脂質:0.1g・炭水化物:7.8g・ナトリウム:20mg・カルシウム:32mg・鉄:1mg・ビタミンC:30mg・ビタミンD:1.1μg・ガラクトオリゴ糖:2.5g

ついでに、鉄分・カルシウム・ビタミン類も摂れちゃうみたいです。

こういうトクホ食品は、一時的に摂るのではなくて、定期的に続けた方が良いみたいですね。

ヤクルトから、固形のタブレット型の乳酸菌も出てるみたいだから、今度はそっちに挑戦してみます。私はお菓子が好きなので、ドリンクタイプより、ラムネ菓子風のものの方が続く気がするので。

 

検索してみたら、私みたいな人が多いのか、「ヤクルトノアレKW乳酸菌(タブレット)」が、めっちゃ売れてますね!

 

さっそくポチってみましたので、レビューはまた次の機会に!

 

ではでは、ごきげんよう(*^_^*)
また、明晩お目にかかります。

<スポンサーリンク>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


体型維持にオススメのサプリ♪

管理人プロフィール


おかしさん(@okashi3_com)です。
160cm45kg(♀)
おやつやお菓子が大好き♥
ほぼ毎晩、自分が食べたおやつのレビューをしています。
ブログランキングにも参加中♪
ページ上部へ戻る