ヴァーム(クリアアップル)の栄養成分と塩分!熱中症対策に効果はあるのか?

どうも~♪
おかしさん(@okashi3_com)です。
熱中症対策にはスポーツドリンクですが、果たしてヴァームの効果は?

 

<スポンサーリンク>

 

本日のおやつは「meiji VAAM(ヴァーム)クリアアップル風味

「体脂肪を燃やす」というキャッチフレーズで有名なスポーツドリンクで、クリアアップル味でカロリーゼロタイプの飲料です。

meiji VAAM(ヴァーム)クリアアップル風味

 

<栄養成分一覧>

meiji VAAM(ヴァーム)クリアアップル風味

<栄養成分>(100mlあたり)
エネルギー:0kcal・たんぱく質:0.3g:炭水化物:0.74g・ナトリウム:40mg・カリウム:12mg・カルシウム:4.6mg・マグネシウム:1.2mg・アミノ酸:300mg

ナトリウムは500ml当たりに換算すると200mgになります。

ちなみに、ペットボトルタイプでは0カロリーですが、ヴァームウォーターのパウダー(粉末)だと、1袋(5.5g)当たり19kcalです。

 

<原材料一覧>

meiji VAAM(ヴァーム)クリアアップル風味

<原材料>
食塩、トレハロース、アミノ酸(プロリン、リジン、グリシン、チロシン、スレオニン、ロイシン、バリン、フェニルアラニン、アルギニン、イソロイシン、アラニン、グルタミン酸、トリプトファン、ヒスチジン、セリン、メチオニン、アスパラギン酸Na)、酸味料、香料、塩化K、クエン酸Ca、塩化Mg、甘味料(スクラロース、ステビア)

成分は、17種類のアミノ酸を配合し、夏の熱中症対策ようにナトリウムを強化してあるそうですよ。

無果汁だけど、クリアアップル風味なので、塩分の味はあまり感じにくいです。後味がスッキリしていて非常に飲みやすくてかなり美味しい♪
(関連記事:C1000レモンウォーターのレビュー)

 

<スポンサーリンク>

 

ヴァームは元々は、運動・エクササイズ・の前に飲むスポーツドリンクとして認識されていますが、「水分・電解質をすばやく吸収できるハイポトニック設計」ということで、熱中症対策にも良さそうですね。

ちなみに、「ハイポトニック飲料」とは、「運動時の糖分の浸透圧に近い状態に糖分が調整されたスポーツドリンク」の
ことを言うそうで、運動中の浸透圧の低下現象を踏まえて作られているそうです。

「いつ飲むのが正しいのか」という点については、公式サイトの回答によると、運動前、運動後どちらに飲んでも構わないようですよ。ただ、運動による体脂肪燃焼のサポートのために飲むのであれば、運動前がオススメとのこと♪

 

ヴァームウォーター クリアアップル風味

 

すずめ蜂は1日に「100kmの移動」が出来るそうで、スズメバチのスタミナの秘密は脂肪の代謝で、体脂肪をエネルギーに変換していいるんですって!

そのスズメバチアミノ酸「V.A.A.M.」が、1本(500ml)につき1500mg配合されてるんだそうな。

これまでスポーツ系飲料は、熱中症対策としての塩分補給や、疲労時や体調不良時の体力回復やにしか意識していなかったけど、ダイエット目的での効果を期待出来るものもちゃんとあるんですね♪
(関連記事:ポカリスエットの成分と効果)
(関連記事:アクエリアスゼロの成分と効果)

 

バームがナトリウム(塩分)の配合を強化していて、熱中症予防にも効果的なのは分かったので、今度はダイエットにも活用してみたいな~。

「お菓子を毎日食べながらでも、ヴァームを飲んで運動をすれば痩せるのか」という検証をそのうちしてみたいと思います!

 

ではでは、ごきげんよう(*^_^*)
また、明晩お目にかかります。

<スポンサーリンク>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


体型維持にオススメのサプリ♪

管理人プロフィール


おかしさん(@okashi3_com)です。
160cm45kg(♀)
おやつやお菓子が大好き♥
ほぼ毎晩、自分が食べたおやつのレビューをしています。
ブログランキングにも参加中♪
ページ上部へ戻る