ブルボン「ルマンド」の意味と歴史とコスパが凄すぎる♪

どうも~♪
おかしさん(@okashi3_com)です。

皆が大好きなブルボンのお菓子と言ったらコレですよね!

<スポンサーリンク>

本日のおやつは、「ブルボン ルマンド

紫色のパッケージが目印ですよ。

ブルボン ルマンド
昭和49年(1974年)から発売されているということは、40年以上の歴史がある超ロングセラー商品ですね。

確かに、子供の頃から親しんできた記憶があります。

 

ブルボンルマンド
「ルマンド」というのはブルボンの3代目社長の吉田高章氏が名付けた造語で、「フランス風の高級感」をイメージして決めたネーミングなんですって♪ 

「フランス菓子をイメージし、フランス語のmonde(モンド:世界・社交界)をLu monde→ルマンドとした」そうですよ。

「ルマンド(LUMONDE)ってどういう意味かな~」と常々思ってはいたものの、「造語」とは知りませんでした。

(関連記事:源氏パイの語源)

 

ルマンド カロリー
エネルギーは1本(7.4g)当たり、37kcalです。

カロリーもほどほどでおやつにちょうど良いし、剥きやすく持ちやすく食べやすいのもイイ♪

 

ルマンド クレープクッキー
ルマンドのクレープ層の断面はこんな感じです。

「サクッと香ばしいクレープクッキー」というキャッチフレーズ通り、歯触りがとてもサクサクしていますよ!これが「ルマンド最強」と讃えられている理由かも。

 

ルマンドは通販で買うよりも、実店舗で買った方がお安いかも。

(関連記事:ルマンドキャラメル味のレビュー)
(関連記事:冬季限定ルマンドホワイトのレビュー)

 

<スポンサーリンク>

【原材料・栄養成分・アレルゲン一覧】

<原材料>
小麦粉、砂糖、植物油脂、マーガリン、全粉乳、脱脂粉乳、鶏卵、クリーミングパウダー(デキストリン、植物油脂、乳糖、脱脂粉乳)、マルトース、水飴、ココアパウダー、乳糖、ホエイパウダー、食塩、洋酒、乳化剤(大豆由来)、カゼインナトリウム、香料、膨脹剤、着色料(カロテン)

<栄養成分>(1本7.4g当たり)
たんぱく質:0.4 g・脂質:1.5 g・炭水化物:5.4 g・ナトリウム:10 mg・食塩相当量:0.03 g

<アレルギー物質>(27品目中)
小麦、卵、乳、大豆

ブルボン ルマンド 原材料 栄養成分 アレルギー
乳化剤として大豆を使っているので、大豆アレルギーのある方はご注意を。

 

ブルボン ルマンド
何層にも巻かれたクッキーが美しいですね。

そして、コーティングチョコの甘さ&滑らかさとクレープクッキー食感のバランスが実に絶妙! 

ちなみに、コーティングは今までずっとチョコレートだと思ってきましたが、どうやら、ココアクリームらしいです

美味しければチョコでもクリームでもどっちでもイイのですが、ちょっと勉強になりました♪

 

ルマンド
それにしても、味と価格のバランスが取れていないのが不思議ですよね~。

コストパフォーマンスが良すぎませんか?

定価だと1袋(13本入り)で150円位ですが、スーパーだと80円前後で売られていることもありますよね。

お値段が安いのはありがたいことですが、定価で200円くらいしたとしても、全然余裕で買ってしまう気がします。

帰宅してからのおやつタイムくらいしか楽しみが無いので……(爆)

 

ではでは、ごきげんよう(*^_^*)
また明晩、お目にかかります。

<スポンサーリンク>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


体型維持にオススメのサプリ♪

管理人プロフィール


おかしさん(@okashi3_com)です。
160cm45kg(♀)
おやつやお菓子が大好き♥
ほぼ毎晩、自分が食べたおやつのレビューをしています。
ブログランキングにも参加中♪

すっきりレッドスムージー

後藤真希さん訴求

ページ上部へ戻る