ギンビスアスパラガスの最も美味しい食べ方!私的見解を披露♪

どうも~♪
おかしさん(@okashi3_com)です。

大人から子供まで楽しめるおやつといったら真っ先に浮かぶのがコレ。家に必ず置いておく人も多いのでは? 私も、これまでに何回食べたかわからないくらい食べてます!

<スポンサーリンク>

本日のおやつは、「ギンビスアスパラガスビスケット(ミニ)

誰もが知っている超・ロングセラーのお菓子です。(1968年から発売されているので、2016年の今は48年目!!)

ちなみに、ダウンタウンの浜田さんの「1番好きなおやつ」もアスパラガスだそうですよ。(「ハマタの好きなお菓子」で検索してくる方が多くなってます)

ギンビスアスパラガスビスケット
100g当たりのエネルギーは499kcalです。カロリー高めでナトリウムもやや多めですが、甘さと塩加減の絶妙なバランスのビスケットと言ったらコレしかないですよね。すっごくシンプルな味なんだけれど、飽きがこなくて定期的に食べたくなるおやつのひとつです。

 

【原材料一覧】

<原材料>
小麦粉、砂糖、植物油脂(パーム油)、ショートニング(豚肉を含む)、黒胡麻、ぶどう糖、果糖ぶどう糖液糖、食塩、食物繊維、イースト、膨脹剤、炭酸Ca

小麦粉と砂糖と塩と黒ゴマの配合バランスがグー。さらに、カルシウム(Ca)食物繊維(Fi)入りです。見た目は結構、素朴で地味だけど、イイ仕事してますよね!

 

ギンビスアスパラガスビスケット
で、本題の「ギンビスアスパラガスの美味しい食べ方」についてですが、過去にギンビスさんが公式にパッケージの裏にプリントして提唱してきた食べ方としては、以下のようなものがあります。

「アイスクリームと一緒に」「チョコフォンデュにつける」「コーヒーやエスプレッソに浸してビスコッティ風に」「マヨネーズをつける」「ハンバーグのたねをつけて揚げてケチャップつける」「おにぎりに手足の様に刺す」

Oh! It’s crazy!
ハンバーグとおにぎりは流石にないわぁ~、って感じがしますけど……。ギンビスさん、市場を広げようとするあまり迷走してたんでしょうか?実際は、ギンビスさんが考えたわけじゃなくて、「美味しい食べ方」を募集したらこうなったんだとは思いますが…。

ギンビスアスパラガス 美味しい食べ方
そんなわけで、迷える子羊ちゃんたちに、私のとっておきの「最高に美味しいギンビスの楽しみ方」を披露しちゃいますよ。刮目して見よ!(ナーンテ)

  1. まずは、飲み物を用意。
    ご自分の好きな飲料でオッケーです。コーヒーでも、紅茶でも、緑茶でも、ほうじ茶でも、烏龍茶でも、ワインでも、フルーツジュースでも、牛乳でも、お気に入りの飲み物を♫
  2. 次に、好きなタイプのギンビスを用意。
    スタンダードなロングスティックタイプでも、食べやすいひとくちタイプのハーフサイズ(ミニ)でもどちらでも♫
  3. 好きな映画orドラマorアニメなどを鑑賞しながら、のんびりと気の向くまま無意識のうちに食べる
  4. 時々我にかえり「こんなに食べちゃった~」などと言いつつ、ざっくりカロリーを計算したのちに驚愕し、しばし熟考後「まぁ、たまにはいっか♫」などと全力で自己肯定する。
  5. 人前ではしない(できない)、「超・高速早食い」・「超・音立て食い」(カリカリカリカリ・ガリガリガリガリ・パキパキポリポリ・シャクシャクシャクシャク)をして、食感を楽しみつつ、飲み物をガブ飲みする。
  6. 3~5を時間の許す限り繰り返す

どうでしょうか!これまでの経験上、コレが最強に美味しかったんですけど……。っていうか、言われるまでもなく、皆なこんな感じで食べてるのかな?

 

ストレス解消も兼ねるのであれば、ミニサイズですよりも、スタンダードなロングサイズでやるのが、よりオススメです。

(関連記事:ギンビスドーナツビスケットのレビュー)
(関連記事:ギンビスたべっ子どうぶつバター味のレビュー)

 

<スポンサーリンク>

最近、huluに加入したので、海外ドラマ(シリーズもの)を1日中観つつ、上記のような流れで食事代わりにアスパラガスを消費することが1ヶ月に1回くらいアリます。(ストレス解消に「ドラマ・映画鑑賞&ギンビスアスパラビスケット」は本当にオススメ)

だから、いつその時がきてもいいように、常に箱買い・大人買いでスタンバイしてますよ。

ちなみに、冬季限定で出ているミニアスパラガスチョコ味も、チョコレート好きの方は一度は試す価値アリです♫

 

チョコと塩の絶妙なハーモニーで、塩チョコ系のおやつが好きならばきっと気に入るはず!

ちなみにギンビスの中の人によると、今のギンビスが最高においしくなっているらしいですよ。「レシピ・温度管理・焼型・焼き加減」等、改良に改良を重ねて昔よりも細身になり、食感も微妙に変化させているのだとか。

確かに、昔とは、太さや堅さが変わったけれど、絶妙な塩加減は変わってない気がします。そこが、アスパラガスが好きな1番の理由なのかも。

でも、個人的には、アレンジして食べるよりも、「そのままのアスパラガスを、カロリーなど気にせず、本能の赴くままに好きなだけ食べる」というのが、最も美味しい食べ方だと思ってますよ。

 

ではでは、ごきげんよう。
また明晩、お目にかかります(*^^*)

<スポンサーリンク>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

関連記事

コメント

    • おいしい食べ方に来たいしてここにたどりついた者
    • 2016年 4月 28日

    とてもつまらなく残念でした。

      • おかしさん
      • 2016年 5月 03日

      こんにちは~♪
      おかしさん(@okashi3_com)です。
      サイトへのご訪問&コメント、ありがとうございます!

      「ギンビス」の記事、今読み直してみましたが、確かにつまらないですね~。自分で読んでもつまらなかったし、残念な気持ちになりました(笑)

      なぜかこの記事が「ギンビス おいしい食べ方」というキーワードで上位表示されてしまっているので、「アレンジ法」を期待して読み進めた方は、あなたと同じ感想を持つ人が多いのかも……。

      とりあえず、記事タイトルは「私的見解」という文言を足し、少し修正しました。
      今のところ、ギンビスアスパラガスは、「アレンジせずそのまま食べるのが一番美味しく感じる」というのが自分の感想なので、記事内容はそのままにしておきます♪

      ギンビスの美味しい食べ方をご存知でしたら、是非教えて下さいね!
      ご指摘、ありがとうございました(*^_^*)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


体型維持にオススメのサプリ♪

管理人プロフィール


おかしさん(@okashi3_com)です。
160cm45kg(♀)
おやつやお菓子が大好き♥
ほぼ毎晩、自分が食べたおやつのレビューをしています。
ブログランキングにも参加中♪

すっきりレッドスムージー

後藤真希さん訴求

ページ上部へ戻る