サントリー烏龍茶のカフェイン量・成分・味の変化など

どうも~♪
おかしさん(@okashi3_com)です。

ウーロン茶、好きですか?

<スポンサーリンク>

本日のおやつは「サントリー烏龍茶

ものすっごい久々に買ってみましたよ。

サントリー烏龍茶 カフェイン量・成分・味の変化
1本(500ml)98円で購入しました。

 

サントリー烏龍茶 カフェイン量・成分・味の変化

【原材料・栄養成分一覧】

<原材料>
烏龍茶、ビタミンC

<栄養成分>(100ml当たり)
エネルギー:0kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物:0g、ナトリウム:約10mg、カフェイン:約20mg、カリウム:10mg、リン:1mg未満

カフェイン量は100ml当たり約20mgなので、500ml当たりだと約100mgですね。ちなみに、黒烏龍茶のカフェイン量も普通のウーロン茶と同じです。

 

サントリー烏龍茶 カフェイン量・成分・味の変化
ここ最近は、ペットボトル飲料は、緑茶かほうじ茶か麦茶を選ぶことが多かったので、ウーロン茶を飲むのは何年かぶりです。で、一口飲んだ印象としては、「ん、味変わった?」って感じですかね。昔はもっと渋みがあって濃かった記憶があります。なんというか、空腹時に飲むと胃にダイレクトにくるような感じだったのが、今ではすっかりスッキリ爽やかな味になった気がしますよ。

 

サントリー烏龍茶 カフェイン量・成分・味の変化
お茶に限らず、食べ物でも飲み物でもロングセラー商品になるようなものは味を常に変え続けて消費者のニーズに合わせるらしいですね。私は、今のウーロン茶は結構飲みやすい味になったと思います。ただ、本当はもっと濃くてエグみがある方が、いかにも中国茶って感じで好きです。やっぱり脂っこい料理の時には、濃い烏龍茶ってすごく合いますから。

(関連記事:ダイドー葉の茶一煎のレビュー)
(関連記事:伊藤園トクホ黄金烏龍茶のレビュー)

 

<スポンサーリンク>

サントリーのウーロン茶は売上No.1だそうですが、今やウーロン茶市場がかなり縮小しているようですね。

確かに、コンビニやスーパーで買い物をしていても、他の人がカゴに入れているのはたいがい緑茶系のものだし、自分が買っているのも日本茶系のものが多いです。

主に「綾鷹・伊右衛門・生茶・十六茶・おーいお茶」の中からその時の気分で選んでますよ。

サントリー烏龍茶 カフェイン量・成分・味の変化
今回は、たまたま気が向いてウーロン茶にしてみたわけですが、やっぱり日本茶系を飲みなれてしまうと、舌がウーロン茶を少し受け付けなくなってしまっている感じはありました。

もっと香ばしさを味わいたければ、麦茶の方がより好みだし、もっとスッキリ感が欲しければ爽健美茶の方が好みだし、まろやかさや甘味や旨味に関しては、緑茶系の圧勝という感じかな。

昔は、ウーロン茶大好きだったし、今も嫌いではないんですけどね~。

もっと日常的に、もっと美味しくウーロン茶を飲むにはどうすればいいのか、ちょっと考えてみます(笑)

 

ではでは、ごきげんよう(*^_^*)
また、明晩お目にかかります。

<スポンサーリンク>

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


体型維持にオススメのサプリ♪

管理人プロフィール


おかしさん(@okashi3_com)です。
160cm45kg(♀)
おやつやお菓子が大好き♥
ほぼ毎晩、自分が食べたおやつのレビューをしています。
ブログランキングにも参加中♪

すっきりレッドスムージー

後藤真希さん訴求

ページ上部へ戻る